SSブログ
海外小説 ブログトップ
前の10件 | -

ミック・ジャクソン『10の奇妙な話』(東京創元社) [海外小説]

ふとしたことから道を踏み外してゆくふつうの人々を描いた短篇が十個入った作品集です。いえ言うほどふつうではないかもしれません。ちょっと変わった人たちが、確実に道を踏み外してどこかへ行ってしまったり、行ってしまわなかったりする作品集です。すべての作品に味わい深い挿し絵がついていて、字の多い本なのに絵本のようなおもむきがあります。
冒頭の「ピアース姉妹」がわりとぎょっとする展開なのでびっくりするのですが、心温まる結末を迎えたり平穏な日常を取り戻したるするお話も入っています。少なくともわたくしはそういう感想を持ちました(他の方のご感想は保証できません)。
表紙のイラストにもうにじみ出ているようなぴりっとした毒と、それによりそうユーモアがよく効いた短篇集で、同じ作者の『こうしてイギリスから熊がいなくなりました』が面白かった方には間違いなく楽しい一冊です。どれもそんなに長くないのでさくさく読めて、さくさく変な気分になれますよ。

10の奇妙な話


nice!(2) 
共通テーマ:

ザカリーヤー・ターミル『酸っぱいブドウ/はりねずみ』(白水社) [海外小説]

シリア出身の作家による、短篇集と連作集の二作が収録された作品集です。それぞれにつながりはなく、雰囲気はだいぶ違うのでどちらからでも読めます。
「酸っぱいブドウ」は全部で五十九もの短いお話が入っていて、いずれもショートショートと呼んでもよさそうな長さです。場合によっては一ページもしないうちに終わってしまいますからね。
タイトルからしてあまり楽しい内容ではなさそうだと思っていただけそうですけれども、じっさいにどこを切っても不条理で後味が悪い話が続々と出てきます。登場人物たちが理不尽な災難に見舞われる短篇が、ほんとうに五十点以上出てくるんですよ。
特筆すべきはこれが超自然的な何かではなく同じ人間によるものだということで、突然の見知らぬ誰かの悪意であったり、不可思議な力のように描かれる(ここだけ見るとファンタジーみたいな、大変わかりやすい寓意を伴った)体制側の何ものかであったりして、とにかく主人公がひどい目に遭います。たまにはそんなにひどくない話もあるよ、というのはあんまり慰めになりませんね。短いからあっという間に終わってしまうのですが、読み進めても読み進めてもシニカルで奇妙で理不尽な話が続きます。
「はりねずみ」はがらりと雰囲気が変わり、シリアに暮らす少年の目を通した日常が描かれています。大人から見るとよくわからない子どもの理屈が楽しいのですが、気楽に読んでいてもそこここに現代シリアの不穏な空気がにじみ出しています。

酸っぱいブドウ/はりねずみ (エクス・リブリス)


nice!(2) 
共通テーマ:

フローベール『三つの物語』(光文社古典新訳文庫) [海外小説]

『ボヴァリー夫人』『感情教育』など、もっぱら長篇小説で名高いフローベールの短編集です。タイトルのとおり三つ入って文庫本で厚さ1センチ程度ですよ。しかも解説がなかなかぶ厚いので、だいたい短篇三つ+解説一つで1センチです。これならさいごまで読めます。しかも執筆当時のフランス社会に関する知識が(あまり)なくても問題なく楽しめるんです。
それなりに波乱はあるけれども語り継がれるほど非凡ではなかったある召使いの生涯を描く「素朴なひと」、聖者伝説に材をとった「聖ジュリアン伝」、オスカー・ワイルドでもおなじみサロメのエピソードを少し変わった角度から描く「へロディアス」の三本立てです。
ひとつひとつ味わいが違うので、全然別の本をを三冊読んだような気持ちになれて大変お得です。ひとつ読み終えて次のに取りかかって、がらりと空気が変わっていてびっくりするのを二回やりましたからね。全体的にどうということもない無名の人物の生涯も、出生とともに予言されたとおりの数奇な運命をたどる子どもの物語も、聖書の中でわずかに触れられるできごとから膨らませたどたばたも、みんな違ってみんな面白いので、読み終えてからそのことにびっくりしていただきたい一冊です。そんなの興味ないし……と思っていた作品まで全部面白かったんですよ。
ぶ厚い解説では、三つの短篇を通しての読み方も提示されています。翻訳家さんの視点が興味深いので、作品本体のみならずこちらも必読ですよ。

三つの物語 (光文社古典新訳文庫)


nice!(2) 
共通テーマ:

董啓章『地図集』(河出書房新社) [海外小説]

香港出身の作家さんの、日本オリジナル作品集です。日本の作家、中島京子さんの熱心な推薦により刊行が実現したとのことで、皆さん中島さんに感謝しましょう。わたくしも今ものすごく感謝しています。
はじめて触れる日本の読者向けに、とっつきやすいと思われる順番に作品が配置されているので、そのまま前から順番に読んでゆくのがよさそうです。と言っても、冒頭の「少年神農」は中国神話の自由な語り直しがいきなり現代に接続する幻想とも妄想ともつかないお話ですし(個人的にはこないだ魯迅「故事新編」を読んでいたので命拾いしました)、やっぱりびっくりされるかもしれません。
ぶっちぎりでヘンテコで楽しかったのは表題作「地図集」で、わたくしが一番注目していたのもこちらです。未来の研究者たちが香港の古地図を読み解こうとするスタイルの連作で、目次を見ると「理論篇」「都市篇」「街路篇」「記号篇」なんて文字が並んで全然小説らしくありません。かなり固めのガイドブックか、まじめな社会科の本みたような雰囲気ですが、書いてあることは大方でたらめなので安心して下さい。
「地図集」が刊行されたのは1997年、香港返還と重なるタイミングで書かれているのだから、現実の香港と関係ないことはないと思います。ただそれを抜きにしても、実在するようでしていない街の地図を分析する小説なんておもしろくないわけがないですよね。

地図集


nice!(1) 
共通テーマ:

ディーノ・ブッツァーティ『現代の地獄への旅』(東宣出版) [海外小説]

魔法にかかった男』に続くブッツァーティの作品集第二弾です。
今回は都会での一幕を描いた短篇が多く、現代の日本人にもより身近で、わがことのように想像できてしまう嫌さがちょこちょこあるのが魅力的です。二十世紀イタリアの幻想作家だと思って、自分とは関係ないから楽しめるひどい話だと思っていると不意打ちを食らいますよ。この点につきましては、不意打ちで落とし穴に飛び込まされるのが大好きなわたくしが保証します。短くてすぐ読み終えられる作品ばかりなので、ざっくりと心にダメージを負っていただきたいものです。
表題作となっている「現代の地獄への旅」は、ジャーナリストのブッツァーティさんがミラノの地下鉄の工事現場で見つかった扉をくぐり、地獄へ取材に行く連作です。全体では中篇くらいの長さになりますけれども、短くて毒々しいのが八連発なので気軽に読めます。イタリアで地獄と聞くとどうしてもダンテのあれを思い出してしまいますが、ミラノの地下から行けるこちらの地獄はあまりわれわれの世界と変わりません。芥川龍之介「河童」を連想させるものを感じましたが、あいにくなことにブッツァーティの地獄は精神病院の患者のトークではなく、プロのライターによる取材なんですよね。

現代の地獄への旅 (ブッツァーティ短篇集)


nice!(3) 
共通テーマ:

カマル・アブドゥッラ『欠落ある写本 デデ・コルクトの失われた書』(水声社) [海外小説]

十五世紀に成立したアゼルバイジャンの叙事詩「デデ・コルクトの書」を題材にした歴史小説です。この「デデ・コルクトの書」、東洋文庫に入っていて日本語で読めるそうなんですけれども、知らないで本書を読み始めても大丈夫でした。
現代の研究者である「私」が、図書館で見つけた新しい写本から十二世紀の地震についての情報を得ようとするも、どうやら地震についての記述はさほど多くはないようで……という「私」の前書きが三つも添えられた本書は、「デデ・コルクトの書」には記述されなかった事件を語るかのような写本の本文を中心としています。
地下牢から何ものかによって逃がされたスパイについて、配下の武将たちに審問を行うバユンドゥル・ハーンと、その場に立ち会って彼らのやりとりを見守る「デデ・コルクトの書」の著者とされる詩人デデ・コルクトという構成で、全体がデデ・コルクトの視点で進んですすんでゆく中に、ときおりハーンに釈明する武将たちの話が始まる入れ子構造となっています。スパイとは何ものか、逃がしたのは誰なのかを探る謎解きには思いがけない真相が用意されているのですが、もう一つこの写本のところどころに、イランのイスマーイール1世とその影武者となった詩人にまつわるエピソードが挿入されています。ほんとうに突然始まって(登場人物が全然違うので区別は簡単です)突然もとのデデ・コルクトの語りに戻るふしぎな展開について、写本を手にした「私」は前書きで考え込んでいますし、このブログを書いているわたくしもものすごく考えています。全体のつくりとしては、記録に残らなかった歴史秘話のような顔をしているんですけれども、どこかにまだ見えていない部分があるはずだと思わされる小説でした。一人でも多くの方に考え込んでいただきたい本です。

欠落ある写本: デデ・コルクトの失われた書 (フィクションの楽しみ)

nice!(2) 
共通テーマ:

魯迅『酒楼にて/非攻』(光文社古典新訳文庫) [海外小説]

いちばん有名かと思われる「阿Q正伝」とはだいぶ雰囲気の違う作品を集めた魯迅の新訳短篇集です。といってもこれらだって十分に代表作ではないかと思いますよ(わたくしが知っているやつがあったので)。
前半の「彷徨」は20世紀前半の中国を舞台にした作品群です。伝統への批判と同時に近代精神への批評も含まれていて、どれも短いながら読みごたえがあります。作者は日本に留学していたこともありますけれども、日本の近代文学に似た味わいをものすごく感じましたね。森鴎外とか志賀直哉につらなる視点と、もっと別の場所でとんがった批評精神が宿っています。
後半の「故事新編」は中国の古典に題材を求めた作品が四つ入っています。当然古代中国を舞台にしているはずなんですけれども、当時の中国には存在しなかったはずのものがちょこちょこ出てきます。ですから厳密に考証された歴史小説なんてものではないのですけど、そういうユーモアの一方で毒々しい風刺も感じるんですよね。古代中国の話なのにジャージャー麺が出てくるので、おかげさまでまんまとジャージャー麺を食べたくなりました。
特に好きなのは以前別の訳でも読んだ「鋳剣」です。予備知識いっさいなしに読んでいただいてできるだけ多くの人にびっくりしてほしい短篇です。

酒楼にて/非攻 (光文社古典新訳文庫)


nice!(2) 
共通テーマ:

テジュ・コール『オープン・シティ』(新潮クレスト・ブックス) [海外小説]

たそがれどきのマンハッタンを散歩する精神科医の青年。彼の心に去来するのはニューヨークの風景、ナイジェリアでの少年時代、国内外の政治情勢、そして……主人公の思考はどこまでもとりとめなく広がり、たびたび唐突に終わります。急に昔を思い出したり最近のことに戻ってきたり、まさに夕暮れ時の散歩のような小説です。
読者の人生とはまったく関係なさそう(日本に住んでいればさらに関係のなさそう)な人物の考えるあれやこれやが、しかしながらふと気がつくと現代の縮図を成しているんですよ。公私ともに充実した生活を送る男が、息抜きにふらりとお出かけしてちょっとだけ現実を離れてリフレッシュする小説かと思っているととんでもないですよ。現実も過去も、油断しているところでいきなり主人公(と読者)を殴りに来るんです。
2001年9月11日以来、ずっとその後の世界に新しい文学が生まれる可能性を信じて待っているんですけれども、ここにひとつの結実を目にした気持ちです。

オープン・シティ (新潮クレスト・ブックス)


nice!(2) 
共通テーマ:

コルタサル『奪われた家/天国の扉 動物寓話集』(光文社古典新訳文庫) [海外小説]

岩波文庫からもいくつか作品集が出ているコルタサルの、こちらは最初の短篇集の新訳です。
作者の来歴、とりわけ南米の政治情勢とのかかわりについても詳しい解説が添えられています。個人的なお話をしますと、過去にアンソロジーでも読んだことのある「奪われた家」の、別の視点からの読み方がわかりましたね。今までの感想が的外れとも思わないので、両輪として考えることで深みが増しました。
収録作品のひとつに「動物寓話集」があり、短篇集のタイトルにもなってるだけあって、実在しない生き物を含めて人間以外の動物が度々登場します。だからって動物好きの人にすすめられるような一冊では全然ないんですけれども。悪夢に出てきそうな架空の生き物の世話をする話とか子ウサギを吐く話とか、そういうものと並行して日常生活は淡々と営まれる世界は、動物の好みにかかわらず肌に馴染む人たちがいると思います。


奪われた家/天国の扉 (光文社古典新訳文庫)


nice!(1) 
共通テーマ:

残雪『黄泥街』(白水uブックス) [海外小説]

汚濁にまみれた黄泥街に暮らす人々のあいだに、あるとき王子光という単語が広まった。それを皮切りに、混沌とした黄泥街は崩壊への道をたどり始める……
というような小説なんですけれども、王子光とは何なのか、人なのか物なのか現象なのかいつまで経ってもさっぱりわかりませんし(「王子光、黄泥街に入る」という章はあるですが、来なかったという人もいるので真相は不明です)、そもそも実態がまったく見えてこないままなのでだんだん気にならなくなってきました。
王子光は置いておくとして、すべてのものが端から腐ってカビてどんどんだめになってゆく黄泥街で、住民や行政への文句や陰口を重ねながら生きる人々の姿がひたすら語られています。それはそれとして黄泥街は刻一刻と崩れてゆきますし、そのうち王子光とは何ものであるのかも、黄泥街がどこにあったのか、そもそも存在したのかどうかもわからなくなってしまいます。
物理的にも精神的にも、読んでいるあいだじゅうずっと画面が汚いし、作者の経歴から創作の背景を考えるととても重たい小説だと思います。でも予備知識なしに読んでも異様な世界を描き出す小説としてすぐれていると感じますし、衝撃を受けても不快な後味はなく、ただただすごいものに触れてしまったという印象だけが残りました。

黄泥街 (白水Uブックス)


nice!(1) 
共通テーマ:
前の10件 | - 海外小説 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。