SSブログ
国内小説 ブログトップ
前の10件 | -

勝山海百合『厨師、怪しい鍋と旅をする』(東京創元社) [国内小説]

代々優秀な料理人を輩出することで知られる村で生まれ育った斉鎌は、ある日奇妙な男から不思議な鍋を借りる。水を入れて煮ただけでもうまい出汁が取れるというその鍋はしかし、料理をしないでいると周囲の人を襲いはじめるという性質を持っていた……
ちゃんと蓋をして適宜料理してあげていれば優秀なんですけれども、たまに料理できない時間が長くなると危険な鍋を携えて旅する料理人の連作短篇集です。こんな設定なのですが出てくる料理はどれも現実的で、なかなか非現実的なできごとに遭遇してもそこは変わらないのがよろしかったです。読んだ人がすぐに作れる料理かと問われると、材料の調達や技術の面から難しそうです。なのでレシピもついていません。
近世くらいの中国を舞台にしているので戦争や誘拐なんて物騒な事件にも巻き込まれますし、川の神へのいけにえに遭遇したりもします。そもそも不思議な鍋を手に入れる段階からしてファンタジーなのに、要所要所で地に足が着いていて、不思議なこととリアルなことのバランスが絶妙でした。

厨師、怪しい鍋と旅をする


nice!(3) 

中上健次『千年の愉楽』(河出文庫) [国内小説]

説明させていただくとすると、顔のいい男たちが次から次へと登場しては和歌山で、南米で、北海道で、若くして激しく生き若くして死んでゆく連作集です。何のせいかというと血のせいなんですよ。中本の。
和歌山県の南にあると思われる「路地」に生きる人々を見守るオリュウノオバの視点で語られる年代記はどれも血と汗と性愛と犯罪にまみれていて、もしこれが長篇小説だったら相当に消耗する読み物になっていたと思うのですが、ひとりひとりのエピソードは3~40ページ程度で終わってしまう短い話ばかりです。全部結末で主人公が他界して終わるにしては、読後感もさほど悪くは感じませんでした。寂寥感も連続して襲ってくると耐性ができるようです。
ストーリーが進むにつれて作中での時代も進み、オリュウノオバの身の上にも変化が現れるので、連作として路地そのものの歴史をたどる年代記でもあります。主役にはならないけどずっと名前の出てくる人物がいよいよ登場するときなど、なんだか懐かしい気持ちになりました。行ったこともない場所なんですけどもね。

千年の愉楽 (河出文庫―BUNGEI Collection)


nice!(1) 

結城昌治『あるフィルムの背景』(ちくま文庫) [国内小説]

二部構成のミステリ短篇集です。個人的な印象としましては前半は謎が解けても誰も救われないきつい作品、後半は謎が解けても主人公は救われないユーモアと痛快さを併せ持つ作品が多めかと思います。もちろん人によってイメージは異なるでしょうし中には当てはまらないものもあって、ラストの「温情判事」は菊池寛「ある抗議書」と並べたくなりました。
肺結核の療養中に読んだ海外の推理小説がきっかけで執筆を始めたという、20世紀半ばっぽさ全開の経歴を持っている作家さんで、ちょっと昔の詳説しに掲載されるような雰囲気があります。名前を出すと山田風太郎のミステリっぽいです。(わたくしはすぐに自分の好きな作家を引き合いに出すので、あまり信用しないでください)
上に書いたとおり、方向性は違えどどうやっても幸せにならないひどい話ばかりで、だからこそページをめくる手が止まらない本です。それぞれの作品は短いのであっという間に終わってしまうのが、後味の悪さと余韻をさらに効果的にしています。

あるフィルムの背景: ミステリ短篇傑作選 (ちくま文庫)


nice!(3) 

長山靖生編『豊島与志雄メランコリー幻想集 丘の上』(彩流社) [国内小説]

豊島与志雄をご存じですか。内田百閒や芥川龍之介の友人で、彼らと同じ学校でフランス語を教えていたこともある人です。『レ・ミゼラブル』を翻訳した人でもあります。
わたくしはたまたま童話作家としての彼を知っていて、ふしぎで牧歌的で少しかなしい作品群が大好きなのですが、本書は子どもに見せても全然おもしろくなさそうな作品ばかりです。
現実の世界を舞台にしているはずなのにどこか地に足がついていないような、別の世界を見ているような人々がたくさん出てくるんですよ。「秦の憂愁」や「沼のほとり」といった豊島が生きた時代を背景にした作品も、そんなに昔ではない中国を舞台にした作品も、実在したとしてもおかしくない登場人物を配しながら疑いようもなく幻想的です。
さいごに置かれた「絶縁体」はなんだか随筆っぽく(だからといって実話とは限りません)、隣のおじいさんが変わり者である話なんですけれども、このおじいさんにはわたくし割と共感しましたね。わかりみがあります。

丘の上 豊島与志雄 メランコリー幻想集


nice!(1) 

いとうせいこう『想像ラジオ』(河出文庫) [国内小説]

深夜二時四十六分、高い杉の木の上に引っかかったDJアークがお送りする想像ラジオ。スポンサーもスタジオもラジオ局もなく、リスナーの皆さんの想像力によってお届けする深夜番組、ということになっていますけれども、あなたの想像力の中でだけオンエアされるので実は昼夜も関係ない番組。ラジオですからおしゃべりの間に音楽もかかりますが、これもリスナーの想像力任せなので選曲とは別のナンバーがかかったり、何なら音楽をすっ飛ばして次のコーナーに行ったりします。
何を言っているのかわからないようなお話ですが、DJアーク(本名は芥川さん)がどんな人で、どういうつもりでこのラジオをやっているのか、読んでいるうちにだんだん見えてきます。リスナーからのメールや電話中継もまじえての想像ラジオを文字で追っていくうちに、どうもこのDJは……というのがだんだん読者にもわかってきます。
全五章のうち第二章と第四章では、本の中の世界で想像ラジオを聴く側の人たちが出てきます。どうやら聴こえる人と聴こえない人がいるらしいこと、このラジオがいつごろ、どんな人たちのあいだで聴かれているのかも明らかになります。
本書が最初に刊行されたのは2013年3月で、そのときに出たことに意味はあるのですが、想像ラジオはそれより前から聴こえていたのかもしれないし、これから先にまた別のDJで始まることもきっとあるのでしょう。

想像ラジオ (河出文庫)

nice!(2) 

佐藤亜紀『スウィングしなけりゃ意味がない』(角川書店) [国内小説]

軍需工場を経営する父を持つ少年マックスは、生まれた頃から親しんできたスウィングに夢中。戦争が始まり、スウィングが頽廃音楽と呼ばれる時代になってもその情熱は衰えるところを知らず、天才的なピアノ弾きの友人や上級生を巻き込んで邁進するが、戦況の悪化は否応なしに彼の周辺にも忍びより……
第二次世界大戦中のハンブルク、比較的恵まれた立場にいる少年がひたすらジャズのことばかり考えている青春小説です。ハンブルクは空襲を受けて大変な目に遭いますし、主人公にはユダヤ人の血を引く友人もいますし、何らかの理由で姿を消す知人のエピソードもたびたび登場しますがそれはそれとして音楽ですよ。主人公と仲間たちはだいたいがええとこの御曹司ばかりで、戦場や兵役の苦難とはかけ離れた世界ですが、だからといって浮世離れしたのんきな暮らしをしているわけにもいかないのです。戦時中に敵性音楽のレコードを生産する商売が、それほど絵空事ではなかったらしいというのが驚きです。章のタイトルがジャズの名曲のタイトルになっているので、ジャズが好きな方はもっと楽しくなる小説ですね。

スウィングしなけりゃ意味がない


nice!(1) 

獅子文六『コーヒーと恋愛』(ちくま文庫) [国内小説]

愛嬌ある風貌でお茶の間に人気の女優坂井モエ子はコーヒーをいれる腕前も抜群。しかしそのコーヒーが縁で結ばれた八歳年下の青年は、新劇に情熱を燃やすうちに若い女優に引かれ始める。悩めるモエ子はコーヒー愛好会の仲間に相談を持ちかけるが……
戦後しばらく経ってからの東京を舞台に、新劇とテレビの世界を中心にコーヒーがあちこち配置されたお話です。赤坂にあるドラマに強いテレビ局なんかも登場しながら、主人公にも友人たちにも欠かせないコーヒーがしょっちゅう登場する、物言わぬコーヒーとそして恋愛にまつわるどたばた小説です。ほんとうにコーヒーが何度も何度も出てくる、何もかもコーヒーから始まり、コーヒーがなくては進まないお話なんですよ。
主人公は美人ではないけれど脇役で人気の高い女優ということで、当時のテレビドラマの裏側なんかも覗けるのですが、そんなことよりとにかくコーヒーです。男女の恋模様とコーヒー、ドラマや演劇界とコーヒー、恋愛とコーヒーに興味のある人に届いてほしい本です。著者自身もそれなりにコーヒーを楽しまれたそうですが、度の過ぎたコーヒーマニアがどんなことになってしまうかを語るくだりは(わたくしがコーヒーをやらないにもかかわらず)大変楽しく読みましたので。

コーヒーと恋愛 (ちくま文庫)


nice!(1) 

福永武彦『風のかたみ』(河出文庫) [国内小説]

信濃から都へ上った大伴の次郎信親は、かつて中納言に愛された叔母の忘れ形見の姫君に思いを寄せる。都を騒がす正体不明の盗賊不動丸もまた姫君を付け狙うが、姫君はただ一度だけ出会った貴公子を忘れられず……
「今昔物語」のなかのいくつかのエピソードを題材にした王朝ロマンです。上記のような男女の恋が絡まり合い、さらに幾人かの登場人物たちの思惑が交錯したストーリーで一気に読み終えました。おもしろくて読みやすくてしかも文章が格調高い、どこにも隙がありません。あまり読まないジャンルなので時間がかかるかと思っていたらまったくそんなことはなく、先が気になってページをめくっていたらもう読了していました。
導入部分から登場する陰陽道の修行を積んだ法師、次郎と関わりを持つ笛師とその娘、都の治安を守る検非違使の尉など、王朝ものの雰囲気を盛り上げるキャラクターも魅力的です。姫君との恋を諦めようとする貴族の青年が、あまり悪いふうに描かれていないのがよろしいですね。幸せな話ではないのですが、オープニングと呼応するようなものさびしいラストシーンまで、平安時代終わりかけごろの空気をまとった小説でした。

風のかたみ (河出文庫)


nice!(2)  トラックバック(0) 

獅子文六『七時間半』(ちくま文庫) [国内小説]

東京-大阪間を七時間半で往復する特急「ちどり」を舞台に描かれる、乗務員たちと乗客たちそれぞれの思惑が交差する人間模様。
食堂車で働くウェイトレスと、彼女にプロポーズの返答を迫られるコック助手の青年、三人の男から好意を寄せられる客室乗務員の美女の出番が多めですが、走行中の列車内で起きるハプニングは恋愛がらみだけとは限りません。食堂車に居座る迷惑な酔っぱらい、熱海で乗り込んでくる謎の美女、三号車の首相とその警備員たちなど、いるだけで不穏になる乗客たちに加え、後半では時限爆弾の噂まで飛び交うスリリングな展開が待っています。
それはそれとして、長距離特急は何ごともなく無事に運行されているだけでもなかなか緊張感があると思うわけです。
東京を出発して横浜、熱海、浜名湖、名古屋、関ヶ原、米原、京都そして大阪とだいたい今の東海道新幹線と同じルートをたどりながら、食堂車や社内サービスの裏側が乗務員目線で語られるのがこの作品のもうひとつの楽しいところです。こっちだけでもいつまででも見ていたくなる面白さなのですが、七時間半が終われば特急ちどりは嫌でも大阪駅に到着、今回の東京-大阪間の物語は幕を閉じる、そういう思い切りのよい小説でもありました。

七時間半 (ちくま文庫)


nice!(2)  トラックバック(0) 

吉村昭『高熱隧道』(新潮文庫) [国内小説]

昭和11年8月に着工され、昭和15年11月に完成した黒部第三発電所建設工事を題材にした小説です。工事過程は実際の資料にもとづきながらフィクションをまじえ、登場人物については作者の創作によるフィクションになっています。どのくらい脚色されているかは少し検索すれば出てきますけれども、思っていたより創作ではない部分の大きかったことに震える思いがしました。
トンネルが無事開通するシーンにちっともカタルシスがなくて、それゆえに大変な名作だと感じました。両側から掘り進めた坑道の食いちがいが横に1.7cmしかなかったことを褒め称えるよりも先に、岩盤温度摂氏160度超という数次に殴り倒されて言葉が出てきません。数字と言えば、全編にやんわりとのしかかるのは昭和11年という時代も過酷な工事をおしすすめた原動力のひとつであり、感動的な読み方を許しません。
何よりすばらしいのは、人間側がついつい「これほどまでに人間の挑戦を拒む自然に何らかの大いなる意思の存在を感じずにはいられない」などと言いたくなるんですけれども、おそらく自然さんサイドはまったく気にせずご自分の都合で雪崩を起こしたり地熱を急上昇させたりしていらっしゃると思われるところですね。擬人化すら受け付けないものを相手にいくら一生懸命やっても、もう戦いなんて呼べるものじゃないんですよ。
テーマを見ると「少女架刑」などの繊細な作風とは一線を画する吉村さんの別のお顔のようですが、
事故の犠牲者と向きあう技師を見ている人を描写する目線や、重苦しいトーンで結ばれたあとのさいごの段落を読むと、人間の体の外側で起きる現象をひたすら見つめるところは同じ人の小説だと思いました。

高熱隧道 (新潮文庫)

nice!(3)  トラックバック(0) 
前の10件 | - 国内小説 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。