SSブログ

ラヴィ・ティドハー『黒き微睡みの囚人』(竹書房文庫) [ミステリ]

かつてドイツで権力を振るいながらも失脚し、現在はイギリスで私立探偵として生計を立てるウルフのもとに、ある日ユダヤ人女性から失踪した妹探しの依頼が持ち込まれる。不本意ながら引き受けたウルフは、イギリス社会に入り込んだかつての部下やユダヤ人たちと接触するうちに、やがてイギリスの暗部へと足を踏み入れることに。一方、時間と場所を隔てた別の世界で、強制収容所の囚人ショーマーは夢を見ていた……
ロンドンでくすぶってるユダヤ人嫌いのドイツ人探偵の正体は、もちろん皆さんの予想のとおりヒトラーです。その他にも歴史上見覚えのある名前が、巻頭の登場人物リストからもうたくさん出てきます。ウルフ一派が一掃されて世界が平和になったかというとそんなことは全然なく、ロンドンのきな臭い雰囲気はページをめくるごとに高まってゆきますし、主人公の近辺にも不穏な影が迫ります。
というストーリーが、大変低俗な犯罪小説のスタイルで展開する一方で、まさにそんな小説を執筆していた作家ショーマーがアウシュヴィッツで夢を見ています。このものすごく毒々しくてびっくりする設定の中に当時の有名人がさらっと顔を出す楽しみもありますし、別の歴史をたどっている(はずの)世界が今後どうなってゆくのかの興味もあります。巻末にはじっさいの歴史にもとづいた「歴史注釈」と、細かなネタに関する「巻末注釈」もあり、これらも含めて一つの作品として読みたい小説になっていました。

黒き微睡みの囚人 (竹書房文庫)


nice!(2) 

nice! 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。