SSブログ

董啓章『地図集』(河出書房新社) [海外小説]

香港出身の作家さんの、日本オリジナル作品集です。日本の作家、中島京子さんの熱心な推薦により刊行が実現したとのことで、皆さん中島さんに感謝しましょう。わたくしも今ものすごく感謝しています。
はじめて触れる日本の読者向けに、とっつきやすいと思われる順番に作品が配置されているので、そのまま前から順番に読んでゆくのがよさそうです。と言っても、冒頭の「少年神農」は中国神話の自由な語り直しがいきなり現代に接続する幻想とも妄想ともつかないお話ですし(個人的にはこないだ魯迅「故事新編」を読んでいたので命拾いしました)、やっぱりびっくりされるかもしれません。
ぶっちぎりでヘンテコで楽しかったのは表題作「地図集」で、わたくしが一番注目していたのもこちらです。未来の研究者たちが香港の古地図を読み解こうとするスタイルの連作で、目次を見ると「理論篇」「都市篇」「街路篇」「記号篇」なんて文字が並んで全然小説らしくありません。かなり固めのガイドブックか、まじめな社会科の本みたような雰囲気ですが、書いてあることは大方でたらめなので安心して下さい。
「地図集」が刊行されたのは1997年、香港返還と重なるタイミングで書かれているのだから、現実の香港と関係ないことはないと思います。ただそれを抜きにしても、実在するようでしていない街の地図を分析する小説なんておもしろくないわけがないですよね。

地図集


nice!(1) 

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。